多汗症の症状をしっかり理解することで改善することができます

ドクター

多汗症の治療

多汗症の症状を治したいのであれば、病院で治療しましょう。そうすることで多汗症の症状を一時的に抑えたリ、手術で汗腺を切ることで多汗症の症状を無くすことができるのです。多汗症の症状が無くなることで汗のことを気にせず生活を送ることができるのです。

カウンセリング

汗をコントロールする

汗は体の正常な機能であり、体温を下げるために必要なのです。しかし、多汗症の場合は汗を冷やすために以上にかいてしまうのです。大量に汗をかいてしまうことで、生活に支障が出てしまうケースもあります。その際は美容整形クリニックに相談しましょう。

婦人

局所性多汗症

多汗症のほとんどが局所性によるものです。多汗症の多くは手のひらや脇の下、足の裏があげられますが、その他にも頭部や顔も多汗症の症状がみられる箇所なので、しっかりと対策を行っていきましょう。

ナース

口コミを参考する

多汗症の症状は人によって異なりますが人より大量に汗をかいてしまいます。汗を大量にかいてしまうことで様々なところで生活しにくくなっているのです。治療に対しての不安を持っている方が多くいますが、口コミなどを参考にして様々な情報を見てみましょう。

多汗症の症状

相談

汗は、エクリン腺という汗腺から分泌されます。このエクリン腺は体のいたるところにあります。エクリン腺が大量に分泌されることで、多汗症となるのです。体の中でも、手のひらや足の裏はエクリン腺が密集している箇所になり、多汗症が発症しやすい場所となっているのです。汗は誰もがかきたくないですが、多汗症の人場合は、日常生活に支障をきたすほどの尋常ではない汗をかいてしまうのです。多汗症の方の場合は、体温調節のために必要な量以上の汗をかいてしまうのです。多汗症の症状には手のひらや足の裏などの局所的に起こるタイプと全身に大量の汗をかいてしまうタイプがあります。いずれの場合も、汗が生活を邪魔してしまい、人前で恥ずかしい思いをしてしまうケースもあるのです。多汗症と判断されるレベルもあり、患部の汗の量で決まります。自分が多汗症なのかを知りたいのであればぜひセルフチェックを行っていきましょう。多汗症の症状がレベル1の場合は、患部が湿っている程度で見た目にはわかりにくいのであれば、軽度の症状になります。続いてレベル2は、患部に水滴ができているのがはっきりわかる場合になります。そしてレベル3では患部に水滴ができて、汗がしたたち落ちた場合になります。レベル3の場合は最も重度の多汗症です。自分がどの程度か分かった上でもし病院に行く機会があれば、病院で見てもらいましょう。病院で多汗症の治療を行うことができます。根本的な治療を行いたいのであれば、汗腺を除去する手術や交感神経を切断する手術を受けるのが効果的なのです。また、近年ではレーザーでの治療ができ、手術跡を残さないための施術を受けることもできます。この治療法はどの医療機関でも受けることができます。その他の治療方法は、ボトックス注射に治療があります。ボトックス注射を打つことで、筋肉を収縮され、汗が出るのを防いでくれるのです。また少し汗が気になる方の場合では、塗り薬を塗って治療を行うことができるので、医師に相談してみましょう。どの手術を選ぶのかは、病院のドクターとよく相談をして検討していきましょう。セルフチェックでレベル1の方に効果的な治療は塗り薬になります。多汗症に効果のある塗り薬は、塩化アルミニウム軟膏になります。塩化アルミニウムには、皮膚上に無数にある汗孔を殺菌することができます。手や足、ワキなどのエクリン腺が密集している箇所に塗ることで、汗を抑えることができるのです。手術や外科治療にが苦手な方におすすなの治療方法となっているのです。多汗症であることを受け入れて、しっかり治療していきましょう。そうすることで、きっと完治することができるのです。